次回は孫と一緒にお邪魔出来ればと思っております。

北陸三県で最大級の温泉街の1つである石川県加賀市の山代温泉は、開湯1300年の歴史を誇り、江戸時代は加賀藩の藩湯として栄えた由緒ある湯処。明治以降は多くの文人墨客が訪れた。
今も加賀百万石の賑わいと湯処の伝統を伝える。
ホテルや旅館に宿泊するときには日常生活では得られないものを求めるのではないでしょうか。
でも、1年に1回程度しかホテルや旅館に泊まることがない人にとってはどこに泊まればよいのか悩みますよね。
そこで、私が独断と偏見を少しだけですが交えて「感動を得られる山代温泉のホテル・旅館」を選んでみました。



【口コミ】
ゆのくに天祥で接した従業員で、?と思う方は誰もいらっしゃいませんでした。すれ違い挨拶は100%、その中で朝食会場に向かう途中厨房で働いてみえるだろうと思われる白衣の若い男性が、いったん立ち止まり「おはようございます」と声をかけてくださったのは印象的でした。
設備も充実しておりましたので、次回は孫と一緒にお邪魔出来ればと思っております。

【おすすめの宿泊プラン】
秋旅【秋からの新メニュー】“とろける食感がたまらない”石川県産ブランド牛「能登牛」が付いた会席料理
料金:2名利用時 20,834~32,315円/人
期間:2016年10月01日〜2017年03月31日

【おすすめのポイント】
石川県のブランド牛「能登牛」と言えば、
能登の自然の中で育った黒毛和牛で、地元でもなかなか味わえないレアなお肉です。
湯にくぐらせたしゃぶしゃぶは、あっさりしているので、こってりが苦手な方にもおススメ。


山代温泉 ゆのくに天祥
「自家源泉」開湯!豊富な湯量と鮮度を誇る天然温泉で男女時間帯入替で「一泊三湯十八ゆめぐり」
山代温泉 石川県加賀市山代温泉19-49-1

【お料理】
【朝食】
朝食は、和食、洋食、中華の種類豊富なバイキングとなります
ご朝食は地元加賀産の麦とろろごはんをご用意します

縄文蕎麦
南方の国から日本に初めて稲がやって来たのは、縄文時代だと本で読んだことがあります。赤米は、赤飯のルーツと言われたそうです。
私独自の手法により赤米で作った御そばは、お客様に大変喜ばれている料理の一品です。味良く、もちもちとした独自の食感をお楽しみください。

【温泉】
趣の異なる三つの大浴場にて、一泊三湯十八ゆめぐり
やましろの歴史あるいで湯を存分にお楽しみいただける、趣の異なる三つの大浴場「悠幻の湯殿」「滝見の湯屋」「九谷の湯処」にて湯めぐり。まさに一泊三湯、十八ゆめぐりがお楽しみいただけます。また、施設は「体にやさしい」をテーマとしたバリアフリー対応を心がけております。その他、温泉たまご手作り体験など多彩な湯上がりサービスをご体験いただけます。ゆのくに天祥で温泉情緒をお楽しみいただき、北陸・加賀温泉郷の旅を満喫してください。